« ナイフ | トップページ | 紅葉を求めて 第九回ノスタルジックツーリング »

2020年11月 7日 (土)

廃道ツアー 梅ヶ平石灰山

カミーユさんに誘われて「石井あつこと廃道を歩く -梅ヶ平石灰山編-」とゆ~のに参加してきた。

Imgp4106

集合場所の二俣尾駅付近に駐車場はあるものの週末は川遊び等の車で駐車場は朝から満車になるらしい。なので、カミーユさんは二駅離れた沢井駅周辺へ停めるらしい。まあ、沢井を選んだのは澤乃井を出している小澤酒蔵がありそこで日本酒を買うかららしい。車は沢井駅に隣接された220円/日とゆ~非常にリーズナブルな所に駐車することにした。ここはネットで予約ができるんだが、現地に管理する人など居ないのでネット予約オンリーなのだと思う。

12時集合なのだが道中の渋滞を考慮して早めに出たら10時に付いてしまって・・・帰りに寄る予定の澤乃井の売店へ行ってみる。

ここは製品のきき酒ができる。お猪口一杯で200~500円と有料で何種類でも飲めるのでオイラはとりあえず一杯飲んだ。カミーユさんは2種類ほど飲んで納得したのかそれをお買い上げしていた。因みに飲んだお猪口はお土産で持ち帰りになる。

10:50頃の電車に乗って二俣尾駅へ向かう。

11:00開店のうどん・そば屋かわしまに入り蕎麦で早めに昼食にした。他にもお客さんが居るのだが皆さんハイキングっぽい格好だ。多分、同じツアーに参加する人達だろう。なんせ、二俣尾駅近くにまともな食事ができる所はここ位しか探せなかったからね。

12時から受け付け開始してワイヤレスイヤホンを渡される。

12:30になり出発。
廃線跡を歩くのかと思っていたら、人目があるので最初は普通の道で登山道へ向かう。向かうがみんな歩くスピードが速い。
登山道と言っても引き込み線が敷かれていた横を歩いているので殆ど平坦だ。
しかし、引き込み線の終点からは、廃道とゆーか索道跡の下を歩くので急に厳しい登りになる。運動不足のオイラは必然的に遅れがちになるが写真を撮るふりをして遅れをごまかして頑張りながらついてゆく。

が、もうダメダメ!
登れない場所ではないのだが、スピードについてゆけない。オイラのせいで工程が遅れるのも悪いので途中から引き返すことを決断し、悔しいが13:30頃に離脱した。

一人気ままに下っていると索道跡のすぐ横に登山道が走っているのに気付いた。こっちで登れよと思ったりしたがそれではツアーの趣旨に反するし、登山道で登るにしても脚力の差は出ていたと思うので結果は同じだったのかもしれない。

14:00頃に二俣尾駅に戻りベンチで1時間ほど休憩していると15:10頃にみなさん戻ってきた。

と、まあ、今回のツアーは終わったのであったw

※この辺りはどこも無人駅の様だ。入る時に入場切符みたいなモノを発券機で受取り、降りる駅で清算するスタイルなんだが降りる駅も無人駅。しかも、精算機も無いので・・・そのまま降りました。通勤通学の人は定期だろうし、一時利用の客は殆どいないと思われるので人件費等を考えたら現状の方が安いと割り切っているのではないかと思う。

« ナイフ | トップページ | 紅葉を求めて 第九回ノスタルジックツーリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山・ハイキング」カテゴリの記事

関東/東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナイフ | トップページ | 紅葉を求めて 第九回ノスタルジックツーリング »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31