« HP・blog リンク | トップページ | 公共系とか »

2015年6月10日 (水)

amplifier TRIO L-05M

POA-8000を入手してからは、やっぱモノラルアンプだよな~って感じになっていたのでサブ用にヤフオクでゲットしたもの。
我が家では最近まで不遇の扱いを受けていたアンプ。

音量のコントロールにサラウンドプロセッサーを用いてたので音が悪かったんだが、音の悪い原因がサラウンドプロセッサーにあると気付けなく音の悪いアンプとしてまともに使わなかったんだ。

理由は忘れたがこいつでAPM-55Wを駆動することになった。普通ならSONY SPD-505ESをパッシブアッテネーター代わりに使うんだが、何故か調子の悪いYAMAHA C-4を繋いだんだ。
片chしか音が出なかったがびっくりするような音が出たんだ。

この時にこのアンプの実力を見直して、後日ちゃんとしたプリアンプ(Technics SU-9070)を入手した。本当は同じメーカーのL-07C(Ⅱ)が欲しかったんだが高くて買えなかった。

こいつは発熱が非常に少ない。使っていたSONY TA-F555ESL, DENON PRA-6000, POA-8000と真上にそうとうな空間が必要な発熱アンプばかりだったので、置く場所に困らないこのアンプは気を使わなくて良いのも気に入っている。

SU-9070の所でも書いたけど、発熱の少ない製品は痛みにくい様だ。だから、古いとか長く使いたいとかには発熱の少ない製品を選ぶと良いと思う。
でも、アナログオーディオって消費電力を熱に変換するほど音が良いんだよなw

リンク

オーディオの足跡
TRIO L-05M

« HP・blog リンク | トップページ | 公共系とか »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: amplifier TRIO L-05M:

« HP・blog リンク | トップページ | 公共系とか »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31