« 巾着田の彼岸花 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

2014年10月17日 (金)

紅葉を求めて 裏庭(富士吉田口五合目)

当初は美ヶ原高原へ行く予定だったんだけど、午前中は曇りのようなので中止。
何処か無いかなぁとオイラは考えた。そういえば富士山の紅葉が見頃らしいしちょっと前に冠雪もしたらしいのでこちらへ行くことにした。
美ヶ原だと午前零時に出発なんだけど富士山なら6時頃の出発で十分なので気も楽である。

どちらに行くにしても寒いと思うのでスクリーン完備のTMAXで行こうと富士スバルラインの通行料を確認したら二輪車は1640円である。良く見ると原付の項目もある。なんと200円ではないか!こうなるとプー太郎のオイラは懐に優しい原付に傾き始める。で、ちょっと考えたら二輪車の通行料で原付の通行料+ガソリン代がまかなえるじゃないかとw

大型でも原付でもルートは道志経由なので、スクリーン無しで寒さが心配ですがLEADで出発でつ!
Imgp1232

05:50 出発
近くのGSで給油して出発

R16-R246-ゴチョゴチョ裏道-R412
普通だと宮ケ瀬湖鳥井原経由なんだけどこの時間じゃ通れないので青山までいって
R413-K729-R138-スバルラインって感じで走る

寒さ対策のまるでビバンダム君の様な格好も横浜ではちょっと恥ずかしかったけど、おかげで寒さ知らずで快適に走れてます。頭はほぼ固定されちゃってるけどね
Imgp1242
本日はLEADなのでスバルラインの登りが心配でしたがメーター読みで60km/h前後で走れました。南のスカイラインだとこうはいかないでしょう。この位にスバルラインは緩やかな登りなので料金所から23kmと長い道路になっていますがこの辺が通年営業を可能にしてるんでしょうね。

09:30頃 奥庭駐車場
Imgp1249

ここには遊歩道があるのでビバンダム君を脱ぎ捨て散歩してみる事にしました。
Imgp1307

走っていると寒いけど風も無いので歩くには十分な気温です。
とゆ~か、日向だとジリジリって訳ではないですが暑くなってきます。寒さで電池が弱ってしまったカメラを日向に放置してたらウルトラセブンのように太陽エネルギーを吸収して復活しましたw (黒いカメラの利点ですね)
氷点下でも問題無く動作する電池を持ってきたつもりだったのに、忘れて来たのでいつ撮影が出来なくなるかハラハラだったのはナイショだ。
Imgp1313

10:15頃 五合目
休日なのか?と思うほど観光バスの駐車場は埋まっており道路にも人が溢れてますよ。

ちょっと早いけど昼食でもと思いレストランを覗いてみたけど観光地価格に萎え。ライスを富士山の格好にしただけのカレーライスが1200円だよ! 下界で調理して温めるだけってのは無理なのかなぁ?
プーのオイラには食せない金額ないので(メロンパン同盟には入ってないけど)ここでしか売っていない富士山めろんぱんをお土産に購入して帰ることにします。これもとんでもない金額ですがここでだけ限定なので買わずに後悔するよりはと買いました。(境港の妖菓目玉おやじを未だに後悔してる)

そうそう、奥庭ってビューポイントって事になってますが、富士山以外の見晴らしはこっちの方がいいですよ。

10:30 出発
斜度が無いので下りなのにLEADのエンブレで速度がどんどん落ちます。因みにエンジンを止めて惰性で下ろうとしたけど中々スピードが上がらないので諦めましたw

往復同じ道で

13:40 帰着

紅葉と雪が一緒に見れるって事で行ってみたんですが赤いのが少なくってちょっとインパクトが足りないかな。

あと、メロンパンなんですが・・・・
260円/個なんですが3個入りの箱に入れてもらうと1000円です。
計算おかしくないかい?
値段ほど美味しくもないし・・・まあ、観光地価格なんでしょう;;
玲奈さんも話題にしないわけだと納得

次回は車で小熊山からの日の出かな?

走行距離:約270km

積算走行距離:8,183km

撮影:PENTAX K200D -DA 18-270 3.5-6.3

« 巾着田の彼岸花 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

LEAD EX」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

中部/山梨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を求めて 裏庭(富士吉田口五合目):

« 巾着田の彼岸花 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31