« くり山 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

2013年5月13日 (月)

smc PENTAX-M 1:1.4 50mm (そのⅡ)

ИНДУСТАР-61Л/3-МС 50mmf2.8が無性に欲しいけど、高騰してるし使いこなせそうも無いしで躊躇している今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

オイラはジャンクで購入したレンズを何度か近くの公園とかに*istDsに付けて持ち出して撮影したものの、今までが全てカメラ任せのオート撮影しかしていなかったので絞りとシャッタースピードが上手く使えなく全くもってまともなのが撮れない始末。
で、レンズを換えフルオートにすると数段良いのが撮れるもんでも~いいやと諦めた。

ちょうどバルサム切れも起きてるしとお遊び半分でレンズをバラして煮込んでみた。

何でレンズを煮込むかと言えば、バルサム切れの素人修理を載せているHPがあり、そこではレンズを煮込んで接着部を剥がしているからだ。バルサムの融点が100℃前後らしいので水の沸点が丁度良いらしい。

で、真似してやってみたもののスンナリ剥離しないので完全にお蔵入りとなった。

しかし、一つは単焦点の明るいレンズが欲しいのでヤフオクで物色するも、毎回、オイラの考えている金額より少し高い所で終了となるので一向に入手できないのだ。落札できる金額を払うなら値段の割りに評判の良いDA35mmF2.4ALを新品で購入したほうが保証も付くし良いと思っているからだ。

とは言え、諦めきれないオイラはウジウジとバルサム切れ修理のHPを覗いているとちょっと違う剥がし方が載っていた。
冷凍庫で冷やしてから熱湯をかけるとゆ~ものだった。バルサム切れは接着面が曲面であることとレンズ個々の熱膨張率の差によって徐々に剥離するのではないかと断定した上で熱衝撃を与えて剥がす方法だった。因みに熱い→急速冷却はヒビが入るかも知れないとの事で試していないようだ。

前回、煮込んで一応アルコールで洗浄して放置したものの中にカビが発生して使い物にならなくなってしまっていたので真似してみた。
最初は冷凍庫で冷やして沸騰している水の中へポチャンと入れてみたが変化無し。
ではと、次は冷やした後に熱湯をかけてみた。そしたらピシっと音がした。どうやら部分的に剥離した時の音らしい。これを音がしなくなるまでやってみたがバルサム切れの面積は広がっているものの手で剥がせる様にはならなかった。
そのHPでも剥離しなかったようで暫く煮込んだ後に万力で斜めに力を加えて剥がしていたので、そこも真似することにし煮込んでみた。
暫くして覗いてみるとコッヘルの中にレンズが2つあった。万力は持っていないので、この後はどうしようかと考えていたが助かった。沸騰により超音波洗浄機と同じ様な事になり剥離したのではないかと思っている。因みに煮込む時は水平ではなく垂直にしてやってみた。

ここまで来れば後は組み立てるだけである。
当初の予定では、接着するからバルサム切れが起きるんだから接着しないで使ってみるつもりだった。オイラと同じ考え方の人も居るようでその様にしてみたが最終的には問題があった様で接着されている。試しに何もしないでレンズ単体を覗くとビン底メガネみたいな感じであるが、アルコールを間に挟むとクリアなレンズとなるのでオイラも接着することにした。

さて、バルサムである。
こんなモノが何処で売っているか皆目見当が付かない。紫外線硬化型接着剤で代用している方もいる様なのでそれで逝ってみる事にする。近場でこんなの売ってそうなのと言えば高いけれど品揃えだけは多い東急ハンズである。しかし、東急ハンズでも一品しか置いてなった。株式会社アルテコのガラス用接着剤ピタガラス10g(約1000円)とゆ~奴だった。選択の余地は無かったのでこれで接着してみることにした。

接着方法は液を垂らして一方のレンズをかぶせて気泡を抜くだけである。NIKONのHPに接着工程の説明とかあったので参考にしたが、接着剤の厚みとか中心出しとかは素人なりに大雑把である。
中心出しは胴鏡が割とタイトなので、出来るだけ接着剤を薄くした後に入れて中心出しとした。

組み立てて覗いてみると曇りも無くクリアである(当たり前だなw)。
取りあえず撮ってみた。
Imgp0595
*istDs+smc PENTAX-M 1:1.4 50mm+MARUMI C-PL
iso200 F2.8 1/250
ピントが生殖器じゃない所に合っているのは近視の老眼だからw

今回再生させたレンズですが落として端が欠けてしまったり側面を黒く塗装していないとかありますけど、またバラすの面倒だしこのままでも取りあえず使えるんじゃないでしょうか?
気が向いた時に直すこととしてオシマイ

撮影:PENTAX *ist DS -M 50 1.4

« くり山 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。やきそばと申します。

先日、この記事に書いてあるのと同じ50単をオークションで買いました。

しかしバルサム切れが起きていて少し写りが悪い感じだったので、バルサム切れについて調べていたら貴方のブログにたどり着きました。

気になったところが一つあります。

それは、最後の方に書いてある「落として端が欠けてしまったり側面を黒く塗装していないとかありますけど、」というところです。

側面を黒く塗らなくても写りはあまり変わりませんでしたか?

長文失礼しましたm(__)m

>やきそばさん
厳密にはメーカーさんがやっているので差があると思いますが完調品を知らないので判りません。
ただ、素人の私的には上記位の写りなら問題ないと思っています。

それより接着剤の厚みの方が気になります。
ピントが甘くなった様な気もしますが、ブレなのかピント合わせが不味かったのか接着剤の厚みなのか判りません。

さて、この様な内容を探して来られた様なので再接着をする気でおられると思いますので、取りあえずやってみて気になるようでしたら塗ってみたらいかがでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: smc PENTAX-M 1:1.4 50mm (そのⅡ):

« くり山 | トップページ | 生田緑地ばら苑 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31