« かんじき その2 | トップページ | 大雪警報 »

2013年1月13日 (日)

美ヶ原

以前、ネット上を徘徊していた時に見た雪原の美しの塔が見たくて行ってきた。
Imgp5337
塩くれ場

0時に出発の予定だったけど、用意もしてしまってやることが無いので勝康に早めに迎えに来てもらって

22:30 出発
カーナビは関越-上信越道経由を薦めているが美ヶ原へ行くのにそんな道は使った事がないのでいつもの様に中央自動車道で行きます。
崩落事故で対面通行になっている笹子トンネル周辺は24時間稼動で修復を行っているようで、ここいらだけスゲー明るいです。
そして15分間隔で回転灯を点けた車が速度調整に走っているようです。パトカーを先頭にして規制速度の50km/h(だったかな?)で走るので、ただでさえ長いのにいつまで経っても抜けれないとゆ~恐ろしい長さになっています。
諏訪IC
岡谷ICまで行く予定でいたのですがコンビニで買出しもしたいので手前で降りてR20を走ります。
諏訪市内を走っていると勝康が「雪が無い」を連発します。夏~秋の景色しか見たこと無い私にしてみれば見慣れたいつもの景色なんですが、言われてみれば今は真冬なので雪が無いのは変ですね。

この時期の美ヶ原へのルートは殆どのルートが冬季閉鎖されていてR142で和田まで行ってK178で登ってゆくことになります。
このK178って下の方は会合すら出来ないような狭い道で真っ暗な中を走ります。救いは雪が無い事。ガードレールも無く路肩は落ち込んでいるので雪が積もってたらスゲー怖い所なんじゃないかと思います。
九十九折れになる辺りから路面に雪が現れだしましたが南面なので雪が無かったりする所も結構あります。中途半端に解けてたりする場所は完全に氷になっていて結構スリップします。
ビーナスラインへ合流してからは路面はチェーンの車が多いのかウォッシュボード状になりガタガタ走りにくいです。
03:15頃? 山本小屋 ふる里館
駐車場には数台の先客がいました。
ぐるっと回って北面の所に停めたのですが、ここで迷惑をかけちゃいました。
ここで天体撮影を行っていた様なんですが、真っ暗でそんな事とは知らずに直ぐ横に停めてしまったんです。移動するにも明るくなってしまうので動かせずなるべく明かりを点けないようにするだけでした。
ちゃんと撮れてれば良いのですが・・・・・
天を見上げれば満天の星空です。冬なので天の川銀河は見えませんが、以前、穂高で見た時より良く見えたんじゃないでしょうか。
そこで私も真似して撮ってみました。
Imgp5287__
03:45頃で直上ちょっと南向です。リモコンが無いのでシャッタースピード最遅の30secです。因みに風も強く5秒も素手だったら痛くってガクガク震えてくるので手動バルブなんて出来ません。
殆ど何も写っていないようですがエッジ強調のフィルターを通すとノイズかどうか判断しがたいですが凄い数の星が写っています。

日の出予定は7時少し前なので少し寝る事にします。
で、起きてびっくり。明るいですよ。
日の出までには時間は十分あるものの、雪原の星空にそびえる美しの塔を撮るんだなんて考えてましたが早くも失敗。到着して直ぐに出発しなきゃダメだったんですね。
06:20頃
出発の準備ですが、ここでも計算違いが・・・・

プラかんじき 使えません!

履いたんですが、elf terre01って踵が丸い(無い)ので歩くと直ぐに外れてしまうことが判明。これじゃ、今回一番のネタがダメじゃんと思ったものの、これじゃさすがにな訳でスノーシューを履きました;;

牧場のホテルまでは車で行けるように圧雪してあり問題無く歩けます。
ここからはスノーシューの恩恵を受けてガシガシ行くぞって思ってたんですが、実際は普通の足跡もあったりします。しかも潜ってないのです。
これじゃ、更にネタが無くなると落胆しながら歩って行くと塔の手前で右足が変です。
よく見たら右スノーシューの右側ヒンジが外れて、左側でのみ繋がってるブラブラ状態です。途中でピンが外れてしまったんでしょう。何処で外れたのか判らないので諦めて塔まで行き脱ぎました。
06:50 美しの塔
Imgp5294
既に三脚を立てている方とか数人の先客がいらっしゃいました。
塔周辺の積雪量は丁度ベンチの高さ(膝位でしょうか?)で表層は結構しまっているので普通の靴で歩ける位です。中はやわらかいのでたまに踏み抜くと潜りますがそれでも20cm位です。
日の出前なのでスゲー寒いですが、気が張ってるのか体が慣れてきたのか多少耐寒性能が上がった様で10秒位は素手で何とかなるようになりました。

Imgp5306
日の出は撮れたので、お湯を沸かしてカップヌードルでも食べましょうと思ったものの、体は勝手に帰り支度をw

ヘタレでゴメン!

だって、こんな所で水が温まるのかって位に風はあるしスゲー寒いんだよ!

雪に埋まって見つけられないだろうと諦め半分で外れた部品を探しながら帰る事にしました。幸いな事に締まった雪のおかげで部品は雪の上にオレらを忘れるなよ状態でありました。また使うにしても売るにしてもこれが無いと話になりませからね。
Imgp5346
07:30頃 ふる里館の駐車場
暖房の効いた車の中で携行していたコンビニおにぎりを食べたんだけど半分凍っててボソボソでした。
08:00頃? 出発
高ボッチ高原へ向けて出発です。
来た道で岡谷に出て塩尻峠を上りだすと、また勝康が「雪が無い」を連発。
普通は一面真っ白で必ずトラックとかが数台スタックしてるのが当たり前の場所らしいのですが
Imgp5355
頂上付近でこんな感じ。
Imgp5358
高ボッチ高原への道もこんな感じで
09:10頃 高ボッチスカイライン ゲート
Imgp5369
閉鎖ゲート付近でこんな量しかない。
登っていっても雪は殆ど無いの判ってるので7kmも歩くの面倒なので今回は勘弁してやったぜ。
雪があったら行くのか?って事だが予定表では9時出発で12時着だったんだぜ。

峠から見た諏訪湖には霧がかかっていたので、時間も余っている事だし寄り道をしてみることにした。
09:45頃 立石公園
Imgp5372
残念ながら湖にかかっていた霧は消えてしまいました。
右端奥 枯れ草色の山頂が高ボッチ山。頂に雪が無いのが判ります。

こんな時期ですが人気スポットだけあり、結構人がいます。
カメラを構えていると気さくな地元の人が色々と教えてくれます。
Imgp5380
・全面結氷していて手前から奥に向けて御神渡りの兆候がある
・雪が多いと御神渡りがあっても埋もれてしまって判らない
・今は雪が降らず寒いので明日辺りに御神渡りなるだろう
・正式な御神渡りは上社-下社間(写真で左右方向)でせり上がったもの
・だけど、どんな方向の物でも宮司が御神渡りだと言ったらそうらしいw
10:00頃 出発
勝康に車山山頂って景色良いよって誘ったけど断られたw
確かにこの時期に普通の格好でスキー場のリフトに並ぶの恥ずかしいよな。

R20を話しながら走ってたら諏訪ICを通り過ぎちゃったよ。
Imgp5397
ここは走り慣れてるから下道で行くとか言って双葉までR20だった。
12:00頃 双葉SA
この先は嫌いらしく双葉SAから中央自動車道に乗る。

一の宮ICで降りて忍野八海とか言ってたけど面倒臭くなったようでガラガラの中央自動車道を帰路へ

R16はR246の交差点から大和バイパスのトンネルまで渋滞しててハマってしまいました。
車の時は旧道(K56)を通ったほうがいいね。
14:00頃 鬼っ子ラーメン
R16の上川井IC近くにあるラーメン屋さん
前を通る度に気になっていたけど入るのは初めて。
ラーメン屋さんでは珍しく坦々麺があったのでこれを注文。味噌系は美味い不味いが判らないので評価は無し。ラーメンデータベースの評価はそれ程でもないけど目の前のR16にはいつも路駐の車が居るのでそれなりに美味しいのか?
因みに坦々麺なら量は少ないけど香家が痺れてお勧め。
14:30頃 帰着
眠かったので1時間程眠る。
予定が気が付いたら22時だったw

ヘタレな今回は全部ダメでした。
でも、はっきり言って今日の美ヶ原は普通の靴で十分。スノーシューとか疲れるだけでした。
今日みたいなコンディションが続くならスタッドレスタイヤに防寒着とゆ~お手軽スタイルで行けますね。

------------------------------------------
現地でカメラ出すの面倒なので撮ってなかった部品を14日の大雪を利用して再現してみた。先ずは止めリングが外れて同時にワッシャーもはずれ、暫く頑張ったけどピンも外れてしまったって感じじゃないかと思う。
Imgp5410
Imgp5411
けど、雪の質とか全く違うし部品も暖かいので溶かして潜っていってしまう。

撮影:PENTAX K200D -DA 18-250 3.5-6.3

« かんじき その2 | トップページ | 大雪警報 »

登山・ハイキング」カテゴリの記事

中部/長野」カテゴリの記事

コメント

今日だったら最高だったのに(笑)

>鷹野家さん

えっ!
あの辺って曇りじゃなく 雪降ったんですか?

いや~ 惜しい! 実に惜しい!! わはは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原:

« かんじき その2 | トップページ | 大雪警報 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31