« 河津桜 | トップページ | DS-2000ドナドナ »

2009年3月 7日 (土)

酷道20号 大垂水峠

久々の休日の晴れと予報に出ていたのに06時の空は雲だらけ!
今日はお出かけを中止してゲームをやってると晴れてきました。
なのでやっぱりお出かけしました。
行き先は、山さ行がねばで紹介されていて是非行って見たいと思っていた場所です。
Img_0055

08:30 出発
2時間半も出発が遅くなっちゃいました。
09:30
ここは津久井ダムの直前を右折してK513を暫く走った所
なんと!
Img_0043
ここから先が二輪車だけ通行禁止になっています。
税金をちゃんと払っているのに差別をするとは許せないですね!
とは言え、この先は短いながらもクネクネしてるから理由は判るんですけどね。
Img_0041
丹沢山系は雪を被っています。まだ山は冬ですね。
ここを右折して簡易舗装の荒れた道を峰の薬師へ登ってゆきます。
Img_0045
ここを通って
Img_0046
行くと
Img_0047
未舗装路になります。
この道は地図上では北上してR20の南浅川町へ抜けています。
Img_0048
今日は雨の翌日なので取り合えず歩きで奥社の所まで登ってみましたが赤土の所とか道も傾斜している事も在りチュルチュルで転落とゆ~のも怖いので中止しました。
因みに奥社の横には
Img_0050
歩行者は左から抜けれるように設計されているので、右側のはチャリダーとバイカーの拡張工事で出来たものでしょうかね?
帰ってきて写真を見て気付いたのですがゲートはただ閉まってるだけでしたw
R413に戻って
10:30
K515の西側
Img_0051
更に進むと
Img_0052
ここの左側には上へ登ってゆくシングルトラックが作られているし、ガードレールの外側には歩いて踏み固まった跡があるし、みんな好きなんですね。
今日のメインはここじゃないので引き返します。
途中に良い所があったので写真を撮ろうと離れて、ここで倒れたらソレもありかなって構えたらスタンドがめり込んで(わははは)
Img_0053
こちらが取り直し
Img_0054
ここで一服して
11:00
Img_0056
目的地の神奈川側の入口です
Img_0058
昨日の雨で道は水が流れてたりしてグチョグチョなのでAX-1のタイヤじゃスリップして怖いです。
Img_0057
ここは崩れてて道が半分しかありません。
やっぱ日を改める事にして帰ろうかなァと考え始めた頃
11:05
Img_0059
最初の橋に到着。
橋はヌルヌルしているので本日はバイクじゃちょっと無理です。

ジャ~~~ン

Img_0060
そうです。
今日は雨の翌日なのでこんなのもを用意して来ました。
ここからはこれに履き替えてハイキングですw
ヌルつく橋を渡って約10m(位かなぁ)先を道なりに左折したら
Img_0062
ここってこんなに近かったのね。
危ない思いしてバイクを渡してもこれじゃ・・・・
更に近づいて
Img_0063
本来の道は白く飛んでいる辺りから右へ回り込んで続いていますが、普通はバイクで突破は無理かな?
ここを抜けると道は良好になります。
Img_0064
たまに
Img_0065
崩落跡とかありますが
Img_0066
おおむね良好です。
Img_0067
バイクの進入を防ぐように置かれた(?)ゲートも単調な歩きには嬉しいイベントです。
しかし、バイクじゃここまで上がって来れないからこんなの必要ないよな~
Img_0068
なんと2段ゲートです。
Img_0070
一瞬、道がなくなったのかと思いましたが
Img_0071
何とかまだ続いてます。
11:40
Img_0072
そして、歩く事約20分で目的の橋に到着です。
Img_0073
ここの橋はぶっとい丸太が何本も使われていたようですが腐ってしまって崩落しています。今までの難所はバイクでもなんとか頑張れば通過できそうですがここだけはダメでしょうね。
この先は登ってきた道と殆ど変わらない事が判っているので引き返します。
Img_0074
ここは帰りに撮った水浸しで長靴じゃなければ躊躇しそうなところです。
11:50
スタートの橋へ戻ってきました。
Img_0075
水で地盤がグチャグチャなので倒れてるかもと心配していたのですが大丈夫だった様です。

R20へ出て峠に上ってゆきます。
一番高いと所辺りの右に結構奥の方まで入り込んでいる道があるようで、地図では先程の道と接続している事になっていますが封鎖されていて入れませんでした;;

南浅川町まで下り中沢川沿いの道を登ってゆきます。地図では最終的にこの道に繋がっているので期待してたんですが
12:30
Img_0076
落ちたら痛いだろうな~って感じの所を登ってきましたが登山道の目印があって終了でした。
Img_0077
さすがにこの先はバイクじゃ入れません。
12:45
となりの入沢川も登ってゆきましたが
Img_0079_3
水が流れててツルツル滑るのでここで撤退です。
12:55
R20をほんのちょっと下り名前はわかりませんが川沿いに上がってきました。
この道は朝の峰の薬師と繋がっている道です。当初の予定では、峰の薬師からここを抜けて、今まで回ってきたのと逆の順番でと考えていたのですが
Img_0081
橋は無くなってるし流された倒木で大変な事になっています。
ガッツを出して通過してきたら大変な事になってました。しかもわりと下の方なここでこうですから途中はどうなっているやら。
歩きで数十メートル入ってみると
Img_0082
水深の浅い流れが綺麗なRを描きながら路面と同じ高さを流れています。
一瞬、ここって庭園?って思うほど何か整った景色でした。
良く見れば石垣がありそれに沿って水が流れてるんですね。
本来は1m以上低いところを流れていたと思われますが、土石流で綺麗に埋まってこんなになってるんでしょうね。

お気づきと思いますが大垂水峠を東京側に下った辺りから日が射さなくていて雨が降ってきてもおかしく無いような感じなのでさっさと帰る事にします。
K47の相原の踏み切りで渋滞に捕まっちゃいました。ここって道が狭いので左から抜けないのですよね。違う道を探しておかないとね。
それ以外はたいした渋滞も無く
14:30
横浜は晴れ \(^o^)/
給油して帰着

今日歩いた大垂水峠は戦中まで使われていた道で、その後に今の道に変更されたらしいです。あんな所をバスやトラックが走っていたかと思うとビックリです。
それと現在は廃道のはずなんですが障害物が殆ど無く思っていたより道がちゃんとしているので交通量は意外に多い?
バイクで走れなかったのは残念ですが久々の晴れ間にハイキングが出来たので良しとします。

走行距:約140km

撮影:Canon PowerShot A470

« 河津桜 | トップページ | DS-2000ドナドナ »

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

AX-1」カテゴリの記事

関東/東京」カテゴリの記事

関東/神奈川」カテゴリの記事

コメント

次は是非”廃隧道”へ挑戦してくださいヽ(´▽`)/

では、カミーユさんも一緒に千葉の保台清澄連絡道路へハイキングに行きましょうね。

おっ、いいね(* ̄0 ̄)ノ

\(^o^)/
片道にしますか? 往復にしますか?
片道だと足が2台必要なんですぅ

車で行くんでしょ?
なら往復だねo(*^▽^*)o

しかし足場が悪い所がなぁヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

で、いつ頃の予定?
ちなみに私は3月の22日、28日、29日、4月4日はダメです。

>カミーユさん
メール見たか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酷道20号 大垂水峠:

« 河津桜 | トップページ | DS-2000ドナドナ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31