« 高ボッチ山,鉢伏山,車山 | トップページ | FMV6566CL5C »

2007年10月 7日 (日)

妙義荒船林道 のち ><

一度は行ってみたいと思っていた妙技荒船林道へ行ってきました。
04:00 出発
さび~
最初はメッシュジャケットにウインドブレーカーで支度したけど、去年の同時期の服装をチェックしたら違ってました。ちゃんとしたジャケットとスキータイツを履いてるんですよね。それでも朝方は寒かったと。なもんで同じにしたんですがやっぱ寒い。カウル付のCBRでちょっと寒いのに剥き出しのTLRじゃ寒いの当たり前ですよね。まあ、巡航速度が50km/hなので多少は楽なんですがね。
ど~ゆ~ルートで松井田まで行くか悩んだけど奥武蔵グリーンラインへまずは向かうことに。
と、ここで地図を持ってきていないのが発覚! 大丈夫かなぁなどと記憶を頼りに何とか鎌北湖入口へ到着。
ちょっと先のコンビニで朝食を買っていざ苅場坂峠へ
07:00 顔振峠
道なりに進んでたらR299に降りちゃいましたよ。
顔振峠の手前のT字路は鋭角的に右折(登り)なんですね。
Img_0375

07:30 苅場坂峠
Img_0378
ここまでのグリーンラインは以前にCBRで走ってもう二度と走りたくないと思っていた所なんですが、サスペンションが違えば評価も変わるもんでいいツーリングコースですねw
いつもの様にお茶屋さんのテーブルを借りて朝食です。
モグモグしてると北側からタンデムGLがやって来て、景色をちょっと見て再びGLにまたがりました。あのドデカイバイクでこの先へ行くのかな?っと思ってるとスルスルと行ってしまいました。機会があったら感想を聞いてみたいです。(マジですよぉ)
08:30 寄居
下ってくる途中でリザーブになったのでいつものスタンドで給油。
しかし、いつもここで給油ってなんでかね?
10:15 国民宿舎 裏妙義
Img_0379
地図を忘れたおかげで松井田までどの道を通ったらいいのか判らずあっちゃこっちゃ走り回ってやっと着きました。
Img_0380
で、ここが本日の目的地・妙義荒船林道の入口です。
遥々、TLRでやってきたのにこの仕打ちです><
Img_0381
で崩れやすいからなんでしょうね~ なので歩きでちょっと入ってみましたが雨水で表面のドロは洗われ大きな玉砂利がいっぱいです。轍の後もブルドーザーのしかなく、車はおろかバイクの跡すらありません。
取り合えず引き返して、下仁田側の中ノ岳登山口から反対側へ向かいます。
Img_0386
右下から上がってきて、左側の道が先程の道の反対側です。
進んでみるとトンネルがありその先で
Img_0382
こうなってますw
Img_0385
帰る途中のトンネルから出たところ。
Img_0384
同じ場所からバイクの向いてる進行方向。
緑が生い茂って良い所でしょw
Img_0387
先程のところへ戻って反対側を見るとこっちも・・・・
取り合えず例のごとく歩きで入ってみますが、こちらは一層凄いです。
草木が生い茂ってるのは同じなんですが頭より大きい岩がゴロゴロと草の影に隠れてバイクが突っ込んでくるのを待ってるんですよ。
Img_0388
時にはこんなバリアーもあったりして、
Img_0389
しかし、難所だったのはぬかるんだ水溜りに倒木が数本倒れていたところですね。
バイクだったらドロドログシャグシャになっていた所です。(何故かここのは写真を撮り忘れてます)
Img_0391
例の崩落現場ですが流石に崖下転落の危険性が高いので、ここだけはツワモノも居ないようです。
もと来た道を戻って、
12:00 妙義山
Img_0393
お天気がいいので駐車場にはツーリングのバイクがいっぱいです。汗をいっぱいかいたので180円と暴利なスポーツドリンクで水分補給をします。暫くボーっとして、会社関係で頼まれた上田市へ向かいます。
R18は軽井沢あたりは渋滞してましたがTLRに丁度よいスピードで流れてトコトコ西へ
13:30 目的地あたり
地図を忘れたので、金曜日に見た地図を思い出しながらウロツクも中々見つかりません。
しかし、何度も周辺をうろついてると一つの目印にした団地があり、何とかたどりつけました。
14:20 目的地
Img_0394
まあ、廃屋になってるその周辺の状態のチェックなんですがね。
電柱の右側が道ですよ。午前中の道と変わりませんねw
でも、ここには通行止めの看板も無いのでTLRを突っ込んでゆきます。くもの巣に絡められながらも突き進んでゆくと目の前に一軒の廃屋が・・・
廃屋の周りを一周しながら会社で見せる為に写真を撮りました。
14:30 出発
これで本日の予定は終了なんでどうやって帰ろうか走りながら考えます。で、以前から通りたかった蓼科スカイラインで白樺湖に出て帰ってみようとゆ~ことになり、白樺湖に向かってレッツゴーです。
国道でない県道だからですかね?信号無いし交通量少ないし天気は良いし言うこと無しで看板どおりに白樺湖に向かって走ります。
途中でなんか変なんですよ。蓼科スカイラインって道が良いはずなのに路面補修の跡ばかりで谷間を走ってるし・・・まさかと思ってたら、やっぱ道が違ってました。去年通ったK40でした。
15:00 蓼科牧場
やっぱ、蓼科スカイラインを通りたい~って左折してグングン上がってゆきました。
峠には通行止めの看板が・・・・
仕方ないので来た道を下りましたよ。

バシュ!

って、音が又の間から・・・・
そしたらアクセルに反応しなんですよね。もうガス欠かな~なんてリザーブに換えても点火しないんですよね。下り坂なんでずーっと走ってますがキックしても手応え(足応え?)が無いんです。一気にいやな予感が・・・・
15:30
蓼科牧場交差点の駐車場で様子を見るが、キックしてもどうもヘッド辺りからは音がしてません。どっちにしても私がどうこう出来るような状態ではなさそうなのでお助けを呼ぶことに。公衆電話を探すが見渡せるところには一つも無し。売店の人に聞いてみると観光センターの2階にあるって言われたので行ってみると、あったのはボックスだけで中身が無い!世の中、みんなが携帯持ってるからって・・・・ちょおと、目の前真っ暗になりました。
1階の受付で聞いたら外に一台だけあるって聞いてホッとしました。
近場と思われるレッドバロンへロードサービスを依頼すると17時頃になるとのこと。一時間半あるので遅いお昼にと食堂に入ったんですが、金額が下界の1.5倍位してます。しかも、ろくなもん無いしね。しかし、こっちは暇だしお腹減ってるので950円のラーメンを頂きました。
外でタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだりしていると17時。
ぴったりに現れました。最初はキックとかして様子を見てましたが諦めたようで持って帰ってみてくれるとの事です。
18:00 レッドバロン 諏訪店
店内でビデオとか見て待っていると工場長さんがやって来て、手に変な長いものをぶら下げてます。「カムチェーンが切れてました。これは在庫が無いので現状では修理不能です。」と的確なお言葉。チェーン切断だとは思っていませんでしたが、その辺の部品の脱落破損かなとは思っていたので素直に乗って帰るのは諦めました。
バイクとヘルメットは新横浜店に送ってもらう事にして店を出ます。この時も引き取りに来てくれた方が駅まで送っていただけました。
19:20 上諏訪駅
甲府行の各駅停車で出発
20:30 甲府駅から新宿行きの特急で出発
21:45 八王子駅から横浜線出発
20:30 新横浜駅
山登りのときと同じくここからタクシーです。
23:00 帰着

帰ってきて地図で確認したら写真で撮った廃屋はとなりの家でした。てっきりここがと思っていたんですが、地図を忘れたのが敗因です。でもさ、もっと奥に行く道なんて無かったポw

それと、イロイロと某掲示板とかで酷評のレッドバロンですが、今回ほどレッドバロンで買ってよかった思ったことはありません。親切丁寧に面倒を見てくれた諏訪店の工場長を始め従業員の皆様に感謝です。
ありがとうございますm(__)m
他のお店で買ったら、まずこ~ゆ~サービスは受けれないでしょうね。
最近は遠出が多いので安心です。次回もここで買うかな~

走行距離 約400km

撮影:Canon PowerShot A40

« 高ボッチ山,鉢伏山,車山 | トップページ | FMV6566CL5C »

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

TLR200」カテゴリの記事

関東/埼玉」カテゴリの記事

中部/長野」カテゴリの記事

関東/群馬」カテゴリの記事

コメント

廃屋の祟りか?なんまいだぶぅ....

こんばんは。初めてコメントです。なんか同じ路線を進んでいるみたいで親近感があり、いつもブログ拝見させていただいてます。先日の台風のおかげで林道はどこも壊滅状態になっていますね。妙義荒船も近いうち行ってみようかなと思っていましたが、ちょっとダメそうですね。

グータンさん いらっしゃいませ
はじめまして♪
私もグータンさんのブログはいつも拝見させてもらってますよ。
やっぱ似てるな~ってw

見ていただいて光栄です。ありがとうございます。秩父、奥多摩あたりの林道を走って情報載せますので今後ともよろしくお願いします。どこかでお会いしたらお声がけよろしくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高ボッチ山,鉢伏山,車山 | トップページ | FMV6566CL5C »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31