« 氷の山中湖 | トップページ | 丹沢 大倉-蛭ヶ岳往復 »

2006年5月 1日 (月)

千葉県一周

5/1はフェーン現象で気温も30℃近くまで上がりそうだとゆ~事&快晴との事で急遽行くことに決定。
02:00 出発
昭和通りを銀座で右折すればいいのにそのまま直進しちゃったので変な道(東京浦安線って言うらしい)に入って向かうことになる。
でも、この道って信号の繋がりが悪くって全然進まない(イライラ)ので右折して当初の予定だったR357へ向かう。
R357って合流が高速道路みたいなんで湾岸高速かと一瞬止まって再確認してしまったよ。
あとは流れに乗ってガンガン走ったんだけど、みんな80~100km/hで走ってるのでこっちは目いっぱいです。
袖ヶ浦あたりのコンビニで朝食&ルート確認をして、R127を外れて次の目的地へ
04:44 ホテル龍宮城到着
ここが今回の最初の目的地。木更津の海の真前。この時間なんで人っ子一人居ませ~ん。
オンラインゲームの関係で一度は行かなきゃって思ってた場所なんで寄道して門だけ見てきました。

05:20 富津岬到着
東京湾に突き出たこの岬って全体が公園になってるんですね。
Imgp0133_1

先端に面白い格好をした展望台があり、早速てっぺんまで登ります。
見晴らしはいいけどもやってて横浜・横須賀が見えません。
風が強く波も結構立ってます。
そう言えば東京湾観音ってのも何処かにあったはずだけどもう過ぎたかな~。
あったら行ってみよ~って走ってら看板ありました。
05:50 東京湾観音到着
内部に入れるようでテラスとか窓とかありますけど、こんな時間じゃまだ拝観できません。
Imgp0134

06:30 金谷到着
ここが本日のきっかけの目的地・鋸山だと意気込んで行くもロープーウェイが動いている時間じゃない。
周辺で登り口を探すが、車道は見つからず「登山口」なる看板を発見したが誰も通っていないような感じなのでパス。
ウロウロしてたらジモティのおじさんが歩いてたので伺うと、ちょっと先に上に行く道路があるよって教えてくれたので行ってみる。
あの~ 閉鎖中で08:30からじゃないと開かないんですけどぉ
まだ2時間近くあるしなぁ。でも、今日の目的の殆どはここだしなぁとか考えながら地図を見るともう少し先に道がある。
日本寺へ上がってゆく道らしい。そう、あの岩石仏像のある日本寺である。
R127を左折する訳だが入り口は狭いし国道の一車線分しかない! けど、暫く走ると幅の広い良く整備された道路になった。
看板に無謀運転をここでするなって書いてある。確かにドリフト族に好まれそうな場所ではある。
何でこんな田舎の寺の参道がこんなに良い道路なのか登りきって分かりました。でっけ~駐車場にバスってペイントされた箇所がいっぱい在りました。観光寺なのね。
それではここから鋸山へって歩ってゆくと、ここも・・・・・あうあう
拝観時間08:00~との事で閉鎖してるぅぅぅ
千葉はあまり来ないので暫く悩んだけど、今回はパスすることにして次へ向かう
07:30 原岡
給油して地図をみてふと思い出した。
八犬伝伝承地へ行かねばって確認したら遥に通り過ぎてるジャン
使ってる2000年の地図に近くまで真っ直ぐな道が予定地として載ってる。バイパスかな~って
同じ道は通りたくないので早速ここへ
片側一車線の有料道路なんですがなんか変です。一般道と隔離されてます。
ひょっとして・・・・悪い予感が脳裏をよぎりました。
入り口には125cc以下通行不可とか無かったよな~と考えつつも後続車が来ないかバックミラーを見ながら走ります。
料金所のおじさんに聞いたらやっぱ自動車専用道路(富津館山道路)だった。
08:00 伏姫籠穴到着
ハイキングコースのような階段を数分登ってゆくとありました。
中に入れるかと思ってたら鍵がっ!
早々に退散
三芳村を縦断する道K88が館山に繋がっているのでこっちを走る事にする。空いててさっきの有料と同じスピードで走れますぅ。
館山市内でちょっと迷ったけど無事洲崎方面へ
09:00 洲崎灯台着
何も無いところです。
洲崎の先端の北側に一軒家が建ってます。
敷地も広いようでその家だけポツンと建ってます。
見晴らしは最高だよな~って思うけど潮とか風とか考えると私には住めない所です。
今日はまだ、霞んでて神奈川県は見えませんでした。一日こんなのかな~?
詰まんないので次へ
暴走フラワーラインはま~すぐな道で右に海岸で左に椰子の木の並ぶゴルフ場で南国リゾートかと思う大変よい道路です。
ここを夏の照りつける太陽の下、潮風を切りながらバイクでゆっくり走れば気分も爽快!
こんなふうに以前走った時に記憶してたのですが相当美化して記憶してしまったようです。
実際は道路からは海もゴルフ場も防砂林で見えません。唯一、椰子の木が熱帯植物園の並びだけ植えてありました。
何で暴走かってと、大昔にここを4倍位のスピードで走ってたらレーダーやってたんですよね。
白バイさんがあっけに取られて見送ってくれましたけど中途半端なスピードだったらきっと御用だったね(^_^)v
暫く走ると鵜の団体さんが道路わきで海の方をを見ながら羽を休めていました。
Imgp0143

09:50 野島崎到着
この日は特に南風が強かったようで波は荒く、岩に当たって弾けた波の破滴が結構飛んできます。
普通の観光客に混じって、スケッチしてる団体さんが居たのでちょっと覗いたら結構上手かったです。
スケッチブックが飛ばされないように岩陰で風を避けながら描いてました。
以前、来た時もここでサザエのつぼ焼きを食べたので今回も同じものを注文。
それと海鮮ラーメンなるものも併せて注文。
つぼ焼きとラーメンにちょっとだけ入ったトコブシ(アワビのはずないよな)は美味しかったけど、ラーメン自体は><!
久々に不味いラーメン食べました。
10:30 次の九十九里へ向けて出発
月の砂漠のラクダ像を撮影ってのも今回の目的の一つ
最初は国道を避けて海岸線を快適にクルージングをするも国道に入ったとたんにノロノロ走行を強いられる。
一宮町に着いたのは13:00前後たっだかなぁ
九十九里有料道路ってのが一番海岸に近いので入るが何か変だ!
朝のこともあるので念の為に料金所のおじさんに聞いたらやっぱ自動車専用道路だった。
千葉県内の自動車専用道路! 見やすい所に排気量制限を掲げろ!
入り口まで戻って、併走する道路(K30)を走るがまたもやノロノロ(ウガ~ッ!)
イライラしながら走るも目的の像が無い。
13:20 蓮沼海浜公園到着
公園ってのがあったのでここかな~って寄ってみるが違った。
一応、砂浜に出てみると右も左もず~~~~~っと砂浜だ!
Imgp0146

沖には水平線も見えるので、次の予定地を犬吠埼の地球の丸く見える丘展望館に決める。
栗山川を渡ったあたりで給油。
ガソリンスタンドのお兄ちゃんに像のことを聞くと、それはここ(九十九里)じゃなくって御宿だよって。
あうあう、通ってきた所じゃん。しかも遥に手前だったじゃんかぁ
この時になって、以前、会社の人に言われたことを思い出した。
砂漠の像って事で九十九里だと思われがちだけど、本当は御宿なんだよ。って
今まで走ってきた道を戻るのもなんなのでこっちもパスして犬吠埼へ向けて出発。
14:00 旭市
市街の看板が見え出したころ、海が見える場所になって唖然!
右前方(つまり犬吠埼の方向だな)が真っ暗。しかも水平線も見えない。><
こんなんじゃ行っても気分が余計に滅入るだけだぁぁぁぁぁ。
今日はダメダメだな~運が悪いな~なんて下調べの悪さを棚に上げて考えながら帰ることを決定。
しかし、ここは地の果て千葉の果て!
どうやって帰ればいいか見当もつかない。取り合えず地図とにらめっこ。
R126->R296で習志野に出てR357とゆ~ルートとR126で千葉まで出てR357とゆ~ルートの2つが田舎に不慣れな者にはいいかな。
R126は東金まで南下するので来た道を戻るような感じがしてイヤだったけど、早くR357に乗れるような気がしたのでこちらを選択。
きっと家に着くころには日が暮れてるな~なんて考えながら、旭市内を適当に走り回ってR126に出た。
片側2車線の道路なんで予定より早く帰れるな~ってコンビニの駐車場でサンドイッチを頬張る。
他の車に合わせて80km/hくらいで巡航。まことに快適だ。田舎の道はこうでなきゃね~
と、思っていたのもつかの間。一車線になってしまいました。しかも渋滞してるしぃ
ちょっとキレた美浜区ナンバーのバイクがいたのでそれに付いて行ったのですが、東金市内あたりで離れてしまってまた一人旅。
ちょうどいい先行飛翔体だったのになぁ
東金市内を抜けるとまた2車線になったので快適にクルージング。
クルージングしてたら危うく千葉東金道路に入るところだった。国道が左へ避けて、高速が直進かよ!
2車線だった理由はこれなのね。だから、その後はまた一車線のノロノロ渋滞スピード。
17:00 R357到着
このくらいの時間だったと思う
千葉市内でちょっと迷ったが何とか辿り着いた。
でもでもでも、スゲ~渋滞だ。
路側をトロトロ走ってたけど耐えられなくって、結局はいつものように。
18:00 お家に帰着
途中、考えていたより1時間オーバーしてたので着くの7時ころかなって思ってたけど予定通り着きました。
まだ、明るいのでシャワーを使って車体についた潮を流して今回はおしまい。

撮影:*istDS -FA 28-80 3.5-4.7

« 氷の山中湖 | トップページ | 丹沢 大倉-蛭ヶ岳往復 »

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

CYGNUS X」カテゴリの記事

関東/千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷の山中湖 | トップページ | 丹沢 大倉-蛭ヶ岳往復 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31