« 雲 | トップページ | 富士山 »

2005年8月14日 (日)

24時間をめざして

00:00 お家を出発
さっきまで土砂降りだった雨がとっても気になるが、天気予報を信じてGO!
R16-R407-R254と進行するが、ガススタンドがやってなひ
SAVEON(セーブオン)とかゆ~コンビニで聞くが藤岡インターの近くまで行かないと無いとのこと。仕方無いんでギリギリ持つか持たないかで出発!5分も行かないうちにセルフがあった(をい)
道の駅・下仁田で(-。-)y-゜゜゜しながら道を確認し、K43で軽井沢へ向かう。
白んできたとはいえ夜の街灯の無い山道って何かが立っていそうで怖ひ。
72カントリーの間を抜けるが、ここっていつ来ても本当にリゾートした作りでい~所だよな。

05:00 軽井沢駅到着
駅のトイレで用をたして、アニメの舞台を探索へ
ハケ~ン!思ってた場所と全然違うところにあった。
Img_0393

電話ボックスの前で写真を撮ったが案内板が反射してボケてる。
白糸ハイランドウェイに入るつもりが右にいったらチャーチストリートを偶然ハケ~ン!
Img_0395

戻って左の正しい道へ なんせ20年ぶりかな(^^ゞ
空を見ると多少雲はあるが心配していた雨にはなりそうも無い。
Img_0396

多分、快晴だ\(^o^)/

05:30 鬼押出
この時間では鬼押出に入れるわけも無いのでトイレして出発。本当は万座ハイウェイを通りたかったんだけど、草津に行くために断念した。実はガソリンが心もとない状態になってきたのにK59に入ってしまった。畑と山ばかりでスタンドが無い!
ガス欠になるとやばいのでアクセル開度を絞ると・・・・高度と斜度で登らない。

06:10 草津到着
スタンドで給油する。これでこれからの上り坂も安心だ。
湯畑の行き方を聞いて行ってみると朝早いのに結構人がいる。遊びに来たんだから朝くらいもっとゆっくりしてろよ!と思ったりする。
Img_0399

お土産を買おうと思ったが店がやってないので早々に山へ向けて出発。チンタラ走ってる乗用車をズバズバ抜く!
といきたいが空気が薄いのでこっちもやっと上ってる状態で加速しない。追い抜きなんて夢の世界だ(ToT)
開き直って景色を堪能しながら上を目指すが、見上げるとやな雲が!

06:40 お釜に到着
ガスが濃く、たまに太陽が見えるくらいだ。
Img_0400

風邪とガスが吹きすさぶ中を目と鼻の先のお釜へ徒歩で登ってゆく。特に可愛い子供が居たわけでもないのにハァハァしてしてしまう。
降りてきてゴロワースを燻らせていると雛連れの水鳥が結構居る事に気が付く。道の反対側に池があってそこにいるんだろう。人間の間を列をなして歩ってる。慣れてるんだな。
路面は乾いているがガスが凄いのと寒いのでレインウェアを着用して出発。志賀高原は白いベールの中で見ることが出来ない。
つ~どころでは無く、路面のラインを頼りに降りる。登りの憂さを下りで晴らそうと思っていたのにぃ・・・・詰らない
中野市内のすき屋でキムチ牛丼セットで朝食にする。
暑いのでジャケットを脱いで半袖にする。もちろん日焼用クリームも塗る。これやっとくと後が楽チン

08:50 野尻湖到着
当初の予定だと、ここに着くの11時だったんだよね。
湖沿いに道路があるので一周するがたいした景色は無い!時間も早いからか遊んでいる人もそれほど多くない。
Img_0405

これでも有名な避暑地の湖なのになぁ。どこの湖に行っても思うことだが箱根(芦ノ湖)って凄い観光地だと再確認させられる。
ここはナウマン象の化石が出たところで、それを宣伝の一部としている。それ関係のお土産目当てで開いているお土産屋を数件ほど物色したが置いてるのは何処でも置いてる物ばかり。
こっちは、ナウマン象饅頭とか中身はどう~でもお土産としてインパクトのある物を期待してるのに・・・結局何も買いませんでした。
ルートを決めてあったのはここまでで、先はなりゆきとしていた。
2時間の余裕が出来たので、行き先はこれまた同じアニメの舞台の木崎湖に決定し、取り合えずK36で戸隠へ向かう。
やっぱ登りは駄目だ!
ここで給油。レギュラーが133円/L・・・・高い!
忍者屋敷とか戸隠神社で何かやってるが、人が多いのでパス。
鬼無里村・小川村と抜けK31の最後で道間違えた。青木湖に抜けるつもりが大町の看板につられて・・・。
戻るのも面倒なので木崎湖の手前の居谷里湿原に行ってみる。

Img_0406

尾瀬みたいな湿原を期待してたんだけどなんか湿原ぽくない。

10:45 木崎湖到着
2度目なんで勝手知ったるなんとやら。
前に来た時の感動が全く無い。まあ、あの時はハマってたからなぁ
と、マイク君の家へ行ってみるが、やっぱ感動しない。で、おかきを買ってパラセール発着場まで登ってゆくつもりでいたが、どうでもよくなってしまい湖を一周して退散。
ゆ~ぷる木崎湖で温泉とゆ~のも考慮してバスタオルとかも持っていってたのに汗かいてないのでこっちもパス。
時間を確認して・・・うっまだ、午前中!
ではと、別の時にでもと思っていた憧れのビーナスラインに行くことにする。

13:00 霧が峰到着
しっかし、登らね~
下手すると車においていかれるし・・・・あと10馬力あればなぁ
快晴で(だいたい)連休の真ん中でこの時間、車も多いしバイクも多い。
バイクがガンガン抜いてく姿を見て、おいらは景色を堪能しにきたんだぁと一人ヘルメットの中で叫んでも虚しさが募るばかりだった(T_T)
レストランで昼食でもと思っていたが混んでるのでパスして早々に出発する。

Img_0409

白樺湖とR152が渋滞していたけど下りなんで右から左からガンガン抜けます。
茅野市に着いたところで再度の道選び。毎度R20で帰るのも飽きたので佐久市から飯能市へ抜けることにする。何のことはない、R299全線走破である。
まずは八ヶ岳を登ってゆくわけだが、やっぱ登んね~
小海エリックスの手前に食事できるところがあるので取り合えず入ってみるが手軽に食べられる物が無いし蕎麦に1000円も払う気はないし、トイレして雨粒もポツポツ来たので早々に出発。

14:45 佐久市到着
R141も渋滞。いつものようにガンガン抜いてく。
スタンドで給油して右折してR299へ入る。昔、連れて来てもらった工事中のR299。とうとう全線制覇達成です。
佐久市から東に真っ直ぐ伸びる道は地図と同じで真っ直ぐな上下線の走りやすい道でした。やっぱり葡萄峠とは違って国道だなァ。
これなら上野村まで直ぐジャンと快調に走行していると、この先、大型車通行不能の看板がっ!
ああ、やっぱそ~なのかぁと思いながら・・・幅員減少に伴い坂がきつくなる。こんな道でも意外と通る車は多くって、流石に抜けなくなってきた。
なんとか十国峠に登るも景色など見渡せる所が無いのでそのまま下りへ。上野村の手前まで細い道だった。
こんなんなら葡萄峠の方が走りやすい。葡萄峠は西側の小海方向は真っ直ぐな比較的広い道で、東側も道は同じくらいグネグネしているが景色も楽しめるので通るならこっちがいいな。
中里村で以前、写真を撮り損ねた叶山の為にちょっとR462へはいる。
そのまま、万場町からK71とも考えたが目がショボショボしてきたのと、たまに気絶してたりするので、戻って再びR299を走行する。

17:30 秩父あたり
秩父市内の渋滞は想定内だったが、市内から出る方向の道も渋滞していた。K11で小川町に抜ける道も考えたが、動き出したのでそのまま走行。トンネルを越えて少し行くと完全に渋滞になってしまった。
仕方ないのでいつものように走って飯能に到着。ここでもいつものように道を間違えなんとかR16へたどり着く。

18:30 入間あたり
R16を今までの鬱憤を晴らすかのように、全力加速&最高速巡航するも2度ほど道を間違える。R299からR16に曲がるときと、R16を左折するときだ(^^ゞ
なんと嬉しいことに相模原市内が空いているのでガンガン走れる。ひょっとしてと期待した大和市のトンネルはやはり渋滞。おまけに大型スクーターと乗用車がゴッチンコしたらしくってトンネル内なのに現場検証していた。
どうせ車が幅寄せしたんだと思うけど、こんなところで事故起こすなよと思ったりしたわけだ。

19:40 お家に無事到着
結局、朝食べたきりなので腹減った。

走行距離 780km
所要時間 20時間
平均速度 39km/h
燃費     35~40km/l(多分)

24時間耐久または1000km耐久のつもりでツーリングに行きましたがはっきりいって出来そうも無い数字ですね。今回も800km行かなかったし、体力・精神力がもちましぇ~んね。
ただ、今回の平均時速39km/hてのは新記録なんで嬉しいかな。

撮影:Canon IXY DIGITAL
おねがいツインズ

« 雲 | トップページ | 富士山 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ADDRESS110」カテゴリの記事

ロケ地」カテゴリの記事

中部/長野」カテゴリの記事

関東/群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24時間をめざして:

« 雲 | トップページ | 富士山 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31